into the planetary feeling
 南紀・みなべ海岸キャンプツアー
 
黒潮分流洗う、南国風情ある海岸線。
ウミガメも寄りくる「みなべ海岸」から神の住む無人島「鹿島」沿岸をトリップ
夜は野趣あふれる海岸線でキャンプします。


2017年5月31日(水)〜6月1日(木)
  

ツアーの詳細
日時 2017年5月31日(水)〜6月1日(木)
ほか通年開催中
 小雨決行。風や波を含めて荒れた天候の日は中止。
こちらの指定日もしくは、リクエストいただいた日のいずれかで開催可。例えば前もってリクエストしていただくと、その日を催行日としてあらかじめ指定し、それに合わせて集客することも可能ですので、是非お気軽にご相談ください。


集合場所 JR紀勢本線・南部(みなべ)駅前(電車の方は駅から出艇場所まで送迎。車の方は駅前ロータリーか駅前駐輪場横の無料駐車場で駐車してお待ちいただき、全員集合後、出艇場所の駐車場まで移動します。)
集合時間と
ツアー時間
朝10時集合。ツアー時間10:30〜翌15:00
ご料金 お一人¥24,000 (自艇参加者は¥22,000)カヤック艇、パドル、ライフジャケット、スプレースカート、ビルジポンプ、パドルフロート 保険代、ガイド代、1日目夕食、2日目の朝食と昼食代込(一日目昼食は、各自お弁当等をご持参ください)。
催行人数 3名から10名まで(1名での参加希望でも他のお客様が人数揃えば催行)
内容 南方からやってきたアカウミガメの、本州最大の産卵地である千里海岸から、古代には神の住む島として信仰されてきた美しくも神々しい鹿島(かしま)の周辺を、のんびり周遊します。ちなみにここから10数キロ南下した田辺湾の神島(かしま)は上陸禁止ですが、こちらの鹿島(かしま)は上陸可能となっており、島探索も大きな楽しみの一つです。中でも、地下にまします地震の神さまの暴威を封じ込めている石として祀られている要石(かなめいし)などは、ちょうど南海地震の震源地付近であることと、だけどこの沿岸だけは過去においても津波の被害が少なかったという事実がうまく合致していて、古代人の自然を見る観察眼の鋭さと連想力に想いをはせずにはいられなくなることでしょう。

黒潮香る沿岸をツーリングし、夜は野趣あふれる浜で焚火を囲んでキャンプします。
当店以外では、なかなか誰も着眼しない、しかしとても素晴らしい、穴場フィールドです。


参加資格  アイランドストリームの湯浅湾ワンデイツーリングコースに最低1〜2度以上参加されたことのある方、あるいはそれに順ずる方。経験ない場合、まずは通常の湯浅湾ワンデイツーリングコース参加をお勧めいたします。
 
※キャンプそのものに慣れていないという方は、当日一緒に手伝いながらお教えしますので、気兼ねなくご参加ください。
お持ち物  こちらでご用意するもの:カヤック艇、パドル、ライフジャケット、スプレースカート、食材、調理用品、ナベ、食器類など。(ヘッドライトもお貸しできるものが10点ほどありますが、数に限りがありますのでお持ちの方はご持参ください。テントをお持ちの方はご持参お願いしますが、持っていない方は無料貸出いたします)

 
皆様にお持ちいただくもの:
 
カヤック漕ぐ際のウェア類詳細はこちらをご覧ください)。
 
各自のテント、シュラフ、マット
(できるだけ小型のものがいいが、最軽量の高価なものは必要ない。テント、シュラフを持っていない方は無料貸出分がございます) 
 
上陸後の着替え(夜に肌寒くなることもあります。防水防風のジャケットやレインウェア
などは必携で、中に着るフリースなどもあったほうがいいでしょう)。
 
虫よけスプレー
 ヘッドライト=ない方はお貸しします。

 
釣りする人は釣り竿や仕掛け(何個かお貸しできる分は持っていきます)。
 
酒やおつま
(基本的に自分で飲む分は持参ください) 
 
ライバッグテントや着替えなど濡れては困るものを収納してカヤックのハッチに積み込みます。ない方はお貸しします)
 


 
テント、シュラフ、マットに関する注意事項
 
基本、各自持参をお願いしておりますが、ない方は言っていただければアレンジいたします。

 
☆テントは一人用か二人用の小型のものを。
 
☆シュラフもごく小型のものがいいです。3シーズン用のものでOK。
 
☆マットですが、アウトドア量販店などで売っている薄手のたためる銀マットなどでOKです。

キャンプに慣れていない方は、ご質問いただければ、テントの設営からその他必要備品とその使い方などお教えいたします。またレンタル品のご希望などもご相談ください。気兼ねする必要はゼロですので、何なりとご連絡ください。
☆ご予約、お問い合わせ アイランドストリーム 
 TEL 0737-63-3221   
メール sunnyrain@nifty.com 
 ウェブサイト http://www.island-stream.com
 
みなべ海岸〜鹿島ツアーのフィールド写真

 
みなべ海岸〜鹿島ツアーのフィールド写真
断崖と浜が交互に現れるみなべの海岸線。

鹿島から切目崎方面(北向き)を眺める。
ウミガメの産卵地として守られている千里海岸
鹿島。ちょうど真ん中のヘッコんだところの浜に上陸できる。
古代の日本人は、自然の巨岩、奇石、巨樹などには神が宿ると感じ、
さらにそれらを内に秘めた、、円錐形の樹叢を神奈備(かんなび)、
三室(みむろ)といって、そこは神霊の鎮まる神聖な森山神体島と感得
していた。今も神代ながらに神々しくも美しいその姿は、その代表的な
神体島である・・・・、という注釈。
神世の昔、鹿島の大神が初めて鹿島に鎮座されたときに座とされた石とも
あるいは
古代における大神奉祭の座位としての磐座とも伝えられる霊石
である。また、鹿島の下に地震の神様があってともすれば、その暴威を振
るおうとするが、要石がこれをおさえつけているので往古よりこの地方に
地震、津波の被害が軽いのだという・・・・。という注釈
シュノーケルすると面白い入り江 地球の丸みがひときわ感じられる鹿島からの展望。