第6回・高野山町石道20キロ
ピーストレッキング

こうやさんちょういしみちピース・トレッキング
 2017年3月11日(土)

大震災から6年。犠牲者への哀悼、被災者への想い、復興への祈りを込めて、
祈りの聖地である高野山への参詣道をウォーク。
トレッキングとしても楽しめる、世界遺産の巡礼道です。
 

ツアー詳細
日時 2017年3月11日(土) 
 
小雨や小雪決行。大雨や深い積雪、著しい荒天の際は中止
(2012年3月11日(日)に、2013年3月10日(日)、2014年3月9日(日)。2015年3月22日(日)、2016年3月13日(日)に開催、今回は第6回目となります)

集合場所 道の駅「柿の郷くどやま」
住所:〒648-0161 和歌山県伊都郡九度山町入郷5番5
http://kakinosatokudoyama.com/

※道の駅に無料で駐車可能です。
※朝早いのでお車が便利です。どうしても電車で来られる方は近くの民宿などに宿泊されるとよいでしょう。


また、当店アイランドストリームベースに前泊し、当日早朝当店の車に同乗、あるいは他車と分乗して移動することも可能です(宿泊費¥1000


集合・ツアー時間 朝5時半集合、6時出発~金剛峯寺到着予定14時。

※到着後、バス、ケーブルカー、電車を乗り継いでJR九度山駅まで戻り、そこから5分ほど歩いて道の駅に戻ります。その移動費は1500円ほど実費でかかります。

料金 お一人¥3,000 保険代込 ・昼食は各自お弁当等をお持ちください

 
保険代金¥500を除いた全額を「ハタチ基金」に寄付させていただきます。(ハタチ基金=被災孤児、及び被災地の子どもの心のケアに合わせ、学び・自立の機会を継続的に提供する基金として設立される。東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが、無事にハタチを迎えるその日まで。子どもたちのサポートを継続的におこなう期限付きの基金です。
 
なお、ハタチ基金さんには2014年、2015、2016年にも寄付させていただいておりますが、2012年度は日本赤十字社、2013年度は三陸カヤックス応援隊へ寄付させていただきました。

催行人数 20名くらいまで
内容  高野山町石道(こうやさんちょういしみち)とは、空海が高野山を開いた時、参詣者が迷わず歩けるよう道沿いに木製の卒塔婆を立てたのが始まりです。現在では1町(約109メートル)ごとに町石(ちょういし)と呼ばれる、高さ3メートルほどの石柱が建てられており、それを道標として歩き続けると山上までたどり着きます。大昔は人々がひとつひとつの町石に手を合わせながら歩いたそうで、現在では「紀伊山地の霊場と参詣道」のひとつとして、世界遺産になっています。なお、巡礼道そのものが世界遺産となっているのは、スペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」と熊野古道、およびこの高野山町石道だけという珍しいものです。
 現在、高野山へはもちろん車で簡単に行けますが、本当の聖地巡礼というのは、昔ながらのスタイルで、ふもとから歩いていくことに価値があります。
 もちろん、トレッキングとしても適したコースですので、あまり堅苦しく考えず、トレッキングを楽しむ気持ちでご参加いただいて結構です。
 趣旨は下記のとおりです。

東日本大震災から6年がたちます。
犠牲者への哀悼、復興への祈りをこめて、また脱原発、世界の平和、もっと面白いぼくらの未来への願いもこめて、祈りの聖地である高野山への巡礼道20キロをロングウォークします。

毎年3.11前後に開催し早6回目になりますが、このウォークイベントにて今一度震災に想いを巡らせるに当たって、毎回微妙にその気持ちや意識が変わってきていることに気付かされます。

震災も原発事故も風化しつつある昨今、あるいはもうなかったことのようにされつつある昨今ですが、日本はあの日を境にして大きく変わりました。そして未だ収束したわけではなく、また復興を成し遂げたわけでもない現状として、まだまだその現実と向き合う必要があるといえるでしょう。
 「歩く」という行為には「自分自身と向き合う」という要素が多分に含まれます。「丸一日、古来からの参詣道をゆっくり歩くことによって自分と向き合い、震災や復興について考え、これから先の世の中について想いを巡らせる」・・・・、そういう趣旨のイベントとしてこれから先、何十年も続けていくことになるかと思います。

といっても堅苦しく考える必要はなく、参加者の皆さんと会話し、交流しながらの、きもちのよいトレッキングを楽しんでいただけることでしょう。

難易度・参加基準 急な登りは最初だけであとは比較的歩きやすい緩やかな登りの縦走道になりますが、それでも遊歩道みたいに整備されているわけではなく石がゴロゴロ転がっていたりする場所もありますので、トレッキングの経験がない人にとってはややしんどいかもしれません。特に重要な点は、スニーカーとか底のペナペナなシューズではなく、ソールのしっかりしたトレッキングシューズ/軽登山靴(できればくるぶし近辺まで覆うミドルカット~)、そして雨が降ったときのためにレインウェアを忘れないことです。その他お持ち物は下記お持ち物欄を参照。
お持ち物 ☆お昼のお弁当
☆行動食
☆飲み物
いずれも途中では買いづらいです、前もってご用意を)
☆帽子
☆バックパック(30Lくらいまでの軽めのものがよい)
☆トレッキングシューズor軽登山靴
(ソールのカチッとした、くるぶしあたりまで覆うやつ)

☆レインウェア上下(防水透湿効果のきちっとしたやつがよい)
☆アウター上着(晴れてても風が寒い場合着るとよい。長袖のいわゆる山シャツでもよい。レインウェアの上を代用でもOK。)
☆アンダーシャツ
(寒くても登りなどではかなり汗をかくので透湿速乾性のものを、コットン製品は濡れ戻りで急速に冷えますのでダメです.できればアンダーパンツも化繊系を)

☆インナー
(アウターとアンダーの中に着るもの。着脱することにより寒暖調整ができる。フリースなど)

☆トレッキングパンツ(こちらもコットンではなく化繊等の生地のものを。)
☆トレッキングポール
(なくても可)。
☆グローブ(なくても可ですが、日によっては寒くて手がかじかむので)。

 
※時期的に、日によって春まっさかりのように暖かかったり、真冬並みに寒かったと差が激しいです。体温調整のため、防寒用のコンパクトダウンジャケットやフリースなどをパックパックに入れて持参することをお勧めします。
☆ご予約、お問い合わせ アイランドストリーム 
 TEL 0737-63-3221   
メール sunnyrain@nifty.com 
 ウェブサイト http://www.island-stream.com