into the planetary feeling
 本州最南端・串本シーカヤック
キャンプツアー

本州最南端・串本でシーカヤック&キャンプを楽しむ1泊2日。
黒潮ブルーのエッセンスを心の奥底から感じよう!


 

ツアーの詳細
日時 9月27日(水)~28日(木) 小雨決行。風や波を含めて荒れた天候の日は中止。
こちらの指定日もしくは、リクエストいただいた日のいずれかで開催可。例えば前もってリクエストしていただくと、その日を催行日としてあらかじめ指定し、それに合わせて集客することも可能ですので、是非お気軽にご相談ください。


集合場所 集合場所:和歌山県西牟婁郡串本町・橋杭岩海水浴場前駐車場。
マップはページ下段詳細地図参照。


電車でお越しの方はJR串本駅から送迎。またはアイランドストリームのベースのある湯浅から送迎可能(当店ベースで前日夜にご宿泊いただいての参加も可能。宿泊費無料。湯浅~串本送迎片道\2,000)

集合時間と
ツアー時間
朝11時00分集合~翌15:00
ご料金 お一人¥24,000 (自艇参加者は¥22,000)カヤック艇、パドル、ライフジャケット、スプレースカート、ビルジポンプ、パドルフロート 保険代、ガイド代、1日目夕食、2日目の朝食と昼食代込(一日目昼食は、各自お弁当等をご持参ください)。
催行人数 3名から10名まで(1名での参加希望でも他のお客様が人数揃えば催行)
内容  北太平洋を大循環する世界最大の海流「黒潮」がダイレクトにぶち当たる本州最南端・串本の海を満喫するツアー。外洋ゾーンは極めて荒々しく上級者のみに許されるフィールドですが、湾内や島の裏、入り江などもたくさんあり、そのような穏やかなコースを厳選しツアーを進めていきます。洞窟や滝の流れ込み、巨石巨岩エリアなどを縫うように進みながら、シーカヤックで海上に身を置かなければ絶対に知りえない「黒潮フィーリング」を、心に刻み込むようにたっぷり味わいます。陸からは入っていくことのできない、ラムサール条定されたさんご礁エリアでのシュノーケリングも圧巻です、夜は無人の海岸線で黒潮の潮騒と満天の星空の下、アウトドア焚火ディナーを楽しみます
 紀伊半島有数の、一級フィールドです。


参加資格  アイランドストリームの湯浅湾ワンデイツーリングコースに最低1~2度以上参加されたことのある方、あるいはそれに順ずる方。経験ない場合、まずは通常の湯浅湾ワンデイツーリングコース参加をお勧めいたします。
 
※キャンプそのものに慣れていないという方は、当日一緒に手伝いながらお教えしますので、気兼ねなくご参加ください。
お持ち物  こちらでご用意するもの:カヤック艇、パドル、ライフジャケット、スプレースカート、1日目夕食、2日目朝食&昼食、調理用品、ナベ、食器類など。(ヘッドライトもお貸しできるものがありますが、ご自分のものをお持ちの方はご持参ください。テントをお持ちの方もご持参お願いしますが、持っていない方は特別に無料貸出いたします)

 
皆様にお持ちいただくもの:
 ☆一日目の昼食(お弁当などを)
 
カヤック漕ぐ際のウェア類詳細はこちらをご覧ください)。
 
各自のテント、シュラフ、マット
(できるだけ小型のものがいいが、最軽量の高価なものは必要ない。テント、シュラフを持っていない方は無料貸出分がございます) 
 
上陸後の着替え(季節によりますが、夜に肌寒くなることもあります。防水防風のジャケットやレインウェア
などは必携で、中に着るフリースなどもあったほうがいいでしょう)。
 
虫よけスプレー(5月から10月はあったほうがいい)
 ヘッドライト=ない方はお貸しします。

 
釣りする人は釣り竿や仕掛け(何個かお貸しできる分は持っていきます)。
 
酒やおつま
(基本的に自分で飲む分は持参ください) 
 
ライバッグテントや着替えなど濡れては困るものを収納してカヤックのハッチに積み込みます。ない方はお貸しします) 


 
テント、シュラフ、マットに関する注意事項
 
基本、各自持参をお願いしておりますが、ない方は言っていただければアレンジいたします。

 
☆テントは一人用か二人用の小型のものを。
 
☆シュラフもごく小型のものがいいです。3シーズン用のものでOK。
 
☆マットですが、アウトドア量販店などで売っている薄手のたためる銀マットなどでOKです。

キャンプに慣れていない方は、ご質問いただければ、テントの設営からその他必要備品とその使い方などお教えいたします。またレンタル品のご希望などもご相談ください。気兼ねなさらず、何なりとご連絡ください。
☆ご予約、お問い合わせ アイランドストリーム 
 TEL 0737-63-3221   
メール sunnyrain@nifty.com 
 ウェブサイト http://www.island-stream.com

南紀・串本シーカヤック&シュノーケルツアーのフィールド写真

太平洋に突き出した、まるで黒潮体感展望台のような潮岬の
「望楼の芝」広場。
初心者にも安心な内海の、ひときわ景色のよいエリアをツアーコース
として進みます。ところどころでサンゴ礁シュノーケリングを楽しみます。
串本大島の外側は海金剛と呼ばれる断崖絶壁。ちょっとでも荒れると手がつけられなくなるエリアだが、いつか漕いでみたいという、モチベーションもあがるというものです。 こちらは潮岬灯台下の大倉島~米粒岩エリア。先端部分は強烈は潮
が流れていてこちらも上級者のみに許された場所だが、「いつか漕いで
みたいぜ」と魂が沸き立ってくるのを感じることでしょう。
これがいわゆるひとつの黒潮ブルー。青いのだけれど黒いのである。長嶋茂雄はサバのことを魚ヘンにブルーと表現しましたが、この色は漢字にすると、青ヘンに黒だとしか言いようがない深みがありますね。
潮岬の黒潮ブルーの深みは地球そのものの深みにすら感じられる。
なおこのへんはウミガメ、イルカ、サメなどがよく出没するエリア。
モアイ像のような風情を見せる橋杭岩の岩々。西日を浴びると一層の存在感を露わにする。ここをもちろん漕ぎます。 串本西側の湾内から眺める、霞たなびく熊野の山々。峰々がまるで
次々寄せ来る海の波のようで、とてつもない自然のスケールを感じさせる