近江八幡・水郷カヤックツアー

岸辺の桜と春のうららかな風情を楽しみながら
ヨシ群落の迷路を縫いゆくツアー


2017年4月8日(土)、9日(日)、10日(月)、11日(火)、12日(水)の
各日で開催(その前後の日程でもリクエスト次第でOK)


桜の時期と紅葉時期が最高のフィールドです。
経験最低一回以上の方が望ましいですが、初めてでもOK



ツアー概要

日時  2017年4月8日(土)、9日(日)、10日(月)、11日(火)、12日(水)の各日で開催(その前後の日程でもリクエスト次第でOK)

 
※小雨決行。
風や波を含めて荒れた天候の日は中止。こちらの指定日もしくは、リクエストいただいた日のいずれかで開催。平日も可。例えば前もってリクエストしていただくと、その日を催行日としてあらかじめ指定し、それに合わせて集客することも可能ですので、是非お気軽にご相談ください。

集合場所 近江八幡市・ヴォーリズ記念グラウンド(近江兄弟社学園グラウンド)前の道路沿い路肩。


集合時間と
ツアー時間
朝10時集合。
ツアー10時半~16時まで。


電車の方は近江八幡駅から現地まで往復送迎いたします。
ご料金 お一人¥12,000(自艇参加者は¥10,000)。カヤック艇、パドル、ライフジャケット、保険代、ガイド代込。※昼食はお弁当などをご持参ください
催行人数 2名から20名まで
(1名での参加希望でも他のお客様が人数揃えば催行)

内容  琵琶湖ほとりにある、ヨシ群落が水面に渋く寄りかかる迷路のような水郷地帯をのんびりツーリングし、独特の風情を味わいます。なお毎年4月の各日ワンデイ催行分は特別に、桜花見と春うららかな水辺の風情を楽しむ目的も兼ねています。
 岸辺に咲く春の草花とともに、水路にしなだれかかるような桜並木のトンネルを抜ける、カヤックならではのお花見が堪能できます。(例年の桜のベスト時期を選んで日程を組んでいますが、年によって見ごろ時期が微妙にずれることもございます。万一、桜が十分な咲き具合でなくても、春の水辺の風情は存分に楽しめますので、その旨ご了承ください。


 
近江八幡市街地すぐの場所にありながら、一歩水の上に浮かぶやいなや、別世界へとワープ。風にいっせいになびくヨシ原の乾いた音、黄金色に染まったヨシと青い空、白い雲とのコントラスト、水鳥の鳴き声、周りを囲むなだらかで小高い山・・・、日本神話では、この日本のことを「豊葦原瑞穂国」(とよあしはらみずほのくに)と記載されていますが、進めば進むほどどこにいるのか分からなくなってくる細い水路をパドリングしていると、まさに日本の原風景、古えの日本に迷い込んだような気持ちに浸ることができるでしょう。
 
注※
ヨシアシは同じ植物で、アシ(悪し)よりヨシ(良し)のほうが語呂がいいだろうということでそう呼ばれています。
参加資格  初心者から経験者まで、がっつり漕ぐのではなく、
のんびり風情を楽しむコースです

アイランドストリームの湯浅湾ワンデイツーリングコースに数回以上参加されたことのある方、あるいはそれに順ずる方が望ましいが、穏やかなフィールドですので、全く初めての方でもオーケーです(当日基本的な漕ぎ方をレクチャーします)。

お持ち物  アイランドストリームの通常の湯浅湾ツアーと同じものでOKです。詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。イラスト入りで詳しく掲載しております。
基本的に現地集合ですので、ある程度着替えられた形で参加されることをお勧めいします。


☆ご予約、お問い合わせ アイランドストリーム 
 TEL 0737-63-3221   
メール sunnyrain@nifty.com 
 ウェブサイト http://www.island-stream.com
 
近江八幡・水郷カヤックツアーのフィールド写真

☆お花見の時期
顔に桜が引っかかるくらいせり出した場所 右に桜トンネル、左に菜の花。うららかな春の景色
穏やかな水面で初心者にも安心 春の午後、夢見心地の陽気。

通年を通しての見どころ(秋から春にかけて)
八幡山(271m)を近くに見て漕ぐ。このなだらかな山とヨシ原の感じが、古きよき日本の原風景を想わせます。
春、夏、秋、冬、かもし出される四季折々の独特の風情も、
カヤックではその細やかな変化をより鋭敏に感じることができる。
集合場所である「ヴォーリズ記念グラウンド」(近江兄弟社学園グラウンド)。外周に巡った高いネットが目印。
ヨシのひときわ密集地帯に「ヨシ大竜神」様が祭られています。
ここらあたり、迷路状になっていて、ひとつ、迷ってみるのも面白い。
手漕ぎの渋い水郷めぐり観光船としばしすれ違います。
どこまでも続くかに思えるヨシの群生地。
ひっそりたたずみ、静水をくゆらせるカモのファミリー。静かに近づかなければすぐに逃げ飛んでいってしまう連中。 右が桜並木で左が菜の花畑。春のぽかぽか陽気の日には
極楽と化すエリア。