アイランドストリームのシーカヤックツアーについて
内容、料金、当日ご持参いただくものなどのご説明

ンドスリームのシーカヤックツアーでは
海フィーリング、皆様一人一人の感性を何よりも大切にします。

☆心と五感をオープンにして、全身で海を感じ、新しい発見をしよう!
 古代イヌイットやアリュートといった先史民族が狩猟や移動の際に使用した舟「シーカヤック」。数ある舟の中でも、最もダイレクトに海そのものの息吹にタッチすることのできる舟、シーカヤックを使って、海の大いなる鼓動を感じ、リフレッシュし、ついでに自然のメカニズムにも興味を持ってみようという、欲張りなツアーです。みんなで和気あいあいと楽しむことができます。帰りがけには「こんなに味わい深い海の楽しみ方があったのか」と、きっと驚かれることでしょう。


☆自分の腕で漕ぐことよって波や風とひとつになろう!
 まるで絵葉書のような傍観的な海の景色。そこに自分自身の腕で漕ぎ入ることによって、ライヴで風を感じ、波を感じ、生命の一連の彩り鮮やかなる脈動に「主体的に」参入すること。すると絵葉書などでは想像すらできなかった海の生き生きした表情をより深く知ることができ、それに感応する新たな自分自身を発見することができるでしょう。カヤックに乗らなければ一生知りえない海とひとつになった臨場感と浮遊感、そこには「プラネット感覚」と呼ばれる、心と体に心地よい、深いヒーリング作用があります。


京阪神近郊で最も美しいフィールド。 ローカルを別天地に!
 
 当アイランドストリームのツアーフィールドは、和歌山県・湯浅湾の海です。大阪からは電車、自動車で約一時間半ほどと、容易にアクセスできる距離にあります。ですから日帰りでこられて一日海を満喫し、次の日に疲れを持ち越さず、普通に出勤するというスタイルで無理なく楽しめます。また湯浅湾は京阪神近郊の海の中で、抜群に美しい景観と海水を誇っており、皆さんさぞかしびっくりされます。海といえば沖縄や海外に目が行きがちですが、身近にもこんなに素晴らしい場所があるのです。 風波を遮る湾内ですので、安全に楽しんでいただくことができます。



ンドスリームの主なクツア

ワンデイツーリング
●時間帯・・・午前9:00〜午後16:00
●料金・・・・¥12,000(保険、駐車場、ガイド代、施設使用料、昼食、温泉代込)
●対象・・・・初めての方から経験者まで。1名から催行。
●内容・・・アイランドストリームのメインツアー。京阪神近郊で一番美しい海、湯浅湾沿岸ツーリングor無人島アイランドホッピングパドリング講習の後、ツーリングスタート。参加者の習熟度や気象、海況を考慮してコース取りを決定します。昼に無人島もしくは美しい浜に上陸し昼食。昼食後自由時間。ちょっとした冒険気分で、日々表情を変える海のダイナミズムと繊細さを思う存分味わっていただけます。1名様のみのご参加もOK。昼食はもちろん、温泉もついています。

 No.1ー、メインガイド・平田 つよしは日本一周単独航海達成者であり、世界各地へカヤックトリップすると同時に、 湯浅湾を累計2000日以上漕ぎ、このフィールドを誰よりもよく知る、経験豊富なリアル・シーカヤッカーです。 特にコース取りのセンスや風波を読む判断力にも定評あるガイディングは、 創業以来10年以上、もちろん現在まで事故事例ゼロを続けており より安全・安心を求めるビギナーにこそ、お勧めです。ガイド・スタッフ紹介詳細はこちら

  
 これから9月末まで、シーカヤックでしかいけない美しい海岸線をたっぷりツーリングし、島や浜に渡った後、海況がよければ、シュノーケリングで様々なかわいい魚を鑑賞できます。条件によっては黒潮に乗ってやってくる、スズメダイやチョウチョウウオといった熱帯魚も観察できます(潮の澄み具合等その日の条件にも左右されます)。※シュノーケルセット&フィン貸出無料
ハーフデイ
ライトツーリング
時間帯・・ 午前と午後、どちらかをお選び下さい。
         ☆午前9:00〜午後12:00
           ☆午後13:00〜午後16:00

料金・・・・・\7,000(保険、駐車場、ガイド代、施設使用料込)小学生は\5,000
対象・・・・初めての方から経験者まで。4名から催行。小学生以上。
           ファミリー・団体様歓迎コース

内容・・・・簡単なパドリング講習の後、沿岸ライトツーリングを行います。ライトツーリングでは、沿岸の野趣あふれる洞窟や岩礁や断崖絶壁が楽しめます。メインのワンデイツーリングコースで稼動することが多いため、ハーフデイコースは催行が不定期になることがございます。団体様やお子様連れのファミリーを除き、たっぷり海を楽しみたい方はできるだけワンデイコースをお勧めいたします。
 BBQコース
上記のハーフデイもしくはワンデイツアーに加えて、ツアー後、湯浅名物の「潮風バーベキュー」に舌鼓を打っていただけるコース。シーカヤックを堪能した後、海が一望できるステージ席で絶品のバーベキューを。
●料金・・・・・・ワンデイ、およびハーフデイツアーのご料金にプラス\3,000(ツアー参加ではなくBBQのみ希望の方は\3240

カヤックトリップ企画

日程等ご要望に応じ調整しますので気になるツアーがあればご連絡ください。

☆熊野川ツアー●神秘的な熊野の山あいを縫うように流れる秘境の川下り。
☆田辺湾ツアー●黒潮の息吹をダイレクトに感じながら、美しい多島海をアイランドホッピング。
☆日高川ツアー●アイランドストリームからも近く、初心者にもうってつけな川。
☆近江八幡水郷めぐりツアー●ヨシ原が複雑に織りなす水路を迷い進むツアー。
☆青蓮寺湖紅葉ツアー●山上湖の美しい風景を、カヤックから眺めます。
☆やびつ海岸〜宮崎の鼻ツアー●近郊の秘境ツアー
☆福井・高浜グルメツアー●シーカヤックを漕ぎ、海辺のハウスでおいしい料理をいただきます。1泊2日ツアー。
☆串本サンゴ礁ツアー●美しい内海を周遊し、陸からはアプローチできないエリアでシュノーケリング、美しいサンゴ礁を鑑賞。
☆南伊勢・幻の海跡湖探索ツアー●海からしかアプローチできない希少で神秘的な海跡湖へ。
☆徳島・日和佐ツアー●洞窟が目白押しに続く無人のエリアをツーリングします。
☆産湯海岸ツアー中紀の隠れた名フィールドの穴場を巡ります。

また企画ツアーとして
☆シーカヤック&ミュージックツアー●鷹島や黒島、白崎海岸といった湯浅湾の南岸をゆったりシーカヤックワンデイツーリングした後、海辺のクラブハウス(「アイランドストリーム唐尾ベース」にて海に沈んでいく夕陽を眺めながら上質の音楽に耳を傾け、おいしいコーヒーをいただいてチル・アウトする(くつろぐ)というツアーです。 五感を研ぎ澄ませ、自然の鼓動に全身をゆだねたあと聴き入る音楽は、格別に心に染みいってきます。ジャズ、ボサノヴァ、ラテン、ワールドミュージックその他、その時の状況に応じていろいろかけます。
☆夜光虫&ナイトシュノーケリングツアー●シーカヤックとシュノーケリング、海面と海中、その両方から光の粒子(発光するプランクトン)を眺めます。7月〜9月半ばまで。

海外ツアー
☆タイ・クラビカヤックツアー タイ/クラビにて、@河口のマングローブ・ジャングル地帯、A世界的に有名な、海岸沿いの断崖絶壁の太古的ワイルドエリア、B沖にちりばめられた宝石のような美しい島々。これらをカヤックに乗って心行くまで味わうツアー。12月〜3月までの随時、3〜8名の催行。 




                             (ワンデイツーリングの一例、海況や季節によっても若干異なる
皆様が自分で漕ぐツアーだと言っても特に難しい、堅苦しいことをするわけではありません。日頃のストレスを解消して大らかな気持ちになれるようなアウトドア・アミューズメントとしてのツアー内容となっています。
☆和歌山県湯浅湾での沿岸ツーリングまたはアイランドホッピング和歌山県・湯浅湾は京阪神近郊で最も美しい景観と海水を誇る海です。風波を遮る湾内で、初心者、未経験者でも安心して沿岸ツーリングやアイランドホッピングを楽しめます
 アイランドホッピングとは島から島へとハシゴするように渡り歩くこと(シーカヤッキングでは「海を歩く」とも言う)。湯浅湾には刈藻島(かるもじま)、鷹島(たかしま)、黒島(くろしま)といった無人島が点在し,また沿岸にはミカン山のふもとに無人のビーチが連なっており、それら島やビーチに渡ってご飯を食べたり、昼寝したり、動植物の生態の観察、シュノーケリング、釣り、とお好きなように、
自然発生のノリで楽しんでいただきます。まず基本的な注意事項やパドリングのレクチャーを充分に設けた後、海の状況次第でコースを選びます。
当アイランドストリームの特徴
 
一人一人打ち解けた形で、ケースに応じた楽しいシーカヤッキングをお客様と一緒にクリエイトしたいと考えます。1回のツアーを「1セッション」と捉え、二度と同じシチュエーションは訪れない自然という現場舞台で、お客様一人一人が感動の主人公、少々大げさに言うなら演奏者となって海とセッションするニュアンスです。
 シーカヤックはレジャー的要素に加え、海を旅することが醍醐味の奥深い乗り物でもあります。ガイド本人も日本一周単独航海ほか、インド、ニュージーランド、アラビア半島、タスマニア、ベトナム、タイ、インドネシア、フィジー、アンダマン諸島など世界各地でのカヤックトリップの経験があります。よろしければツアー中、そんな海旅のお話なども交え、非日常のワクワク感に彩りを添えさせていただけます。ガイド側としましては、大切な友人をもてなすような時間にしたいという気持ちから、皆様とのコミュニケーションも楽しみたく思っています。もちろんお客様同士、すぐに打ちとけあい、仲良くなれるのも海の魅力です。海は世界中繋がっていますが、同様に海から始まる人との繋がりも素敵なものです。
 
たった1日でも味わい深い思い出となるように、という観点から、海フィーリング、情感、情操という視点をご自身の感性で心づもりして参加していただければ非常にありがたく思います。独自のナイスな感性をオープンにするならば、海はあなたのライフを彩る有意義な何かを語りかけてくれることでしょう。海とはそういうもので、シーカヤックとはそういう乗り物なのです。
 
私見で恐縮ながら経験から言うと、たとえばよい本よい音楽に触れたときなどに生まれたあの新鮮な感覚、そのイメージを海に持ってくるのがベターだと言えましょう
AM9時前 和歌山湯浅・栖原海岸前、シーサイドステージ致楽亭」集合
AM9時 受付、ツアーの説明、免責同意書への記入、着替えなど
AM9:30
    〜
・栖原海水浴場に移動(徒歩15秒)。安全確認、注意事項などの説明。
・カヤックのフィッティング、装備の再確認。
・陸上(浜)でのパドリングレクチャー等。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・海水浴場地先の海上で基本的な漕ぎ方の練習
(安全のため、楽しく練習しながらも、海をなめてはいけないということ、何がどうなれば危険なのかを説明させていただきながら、身体を海モード、海洋生物モードへと変身。)
・ある程度漕げる方はこの練習時間を大幅に短縮しツーリング出発。
AM11:00
練習の流れからそのまま海岸線をツーリング開始。
この時の海況、気象状況、習熟度などを加味して沖の無人島・刈藻島
へ渡るか、そのまま岸沿いにツーリングするかを決める。
(漕ぎながら、海や土地にまつわる話、ナヴィゲーション、自然観察全般のガイドをします)
PM12:30頃 島もしくはビーチに上陸。ランチタイム。自由時間(例:シュノーケリング、釣り、カヤック練習、自然観察、昼寝、ゆったり談笑、などなど)
(食後、海独特の大らかなる時間の流れの中で、心をオープンにして遊びましょう)
PM14:30頃 再出艇。ツーリング。
(海のことや世間話などなんでも、談笑しながらのパドリング)
PM16:00頃 ・夕陽を堪能した後(夕陽の写真)、到着。
・着替え。ゆっくりと感想などを語り合いながら帰宅準備
・栖原温泉にて入浴。解散。
(海の余韻を噛み締め、いつくしみながら、事故のないよう気をつけて帰路へとおつきください
            

もの
夏バージョン
(アイランドストリームの姉妹版サイトにもイラスト入りでお持ち物を掲載中)
その他、ご質問ございましたらどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

ツアーの際にお持ちいただくもの
ウォータースポーツではコットン製品はおさけ下さい。
季節別装備例

当方でお貸しするもの
 
カヤック艇、パドル、ライフジャケット、スプレースカート、ビルジポンプ、パドルフロート
※晩秋〜冬はウェットスーツ
お持ちいただくもの
オールシーズン共通して必要なお持ちもの
☆水着(ウェア類の一番下に着用するもの)
☆濡れてもよいクツ(スニーカーやデッキシューズ、マリンシューズなどでOK。長靴は×)
☆帽子(つばつきのもの。ベースボールキャップがベター、
ハット系は風で飛ばないひも付きのもの)
☆長袖シャツ(ポリエステル等化繊のもの、コットンは一度濡れると乾きにくいので×)
☆飲み物(スポーツドリンク系がベター。ペットボトル1本/500cc程度)
☆行動食(カヤックの上で食べられるクッキーやアメなどのお菓子)
☆日焼け止め(日焼けがいやな人はぜひ)
☆保険証コピー(万が一のアクシデント発生時のために)
☆風呂道具(カヤック後の温泉は格別です)
☆メガネの方はメガネバンド、☆コンタクトの方は使い捨ての代えコンタクト
☆サングラス(なくてもOKですが紫外線から目を守るためにぜひ)。
プラスアルファ
春・秋に必要なお持ちもの
春・秋/葉 ☆アノラック、レインウェア(防風防水のための上着。暑い目の日には脱いでもOKだが必ず持参)。
☆長ズボン(濡れてもよいナイロン地の長ズボン。ジーンズは絶対に×)。
夏に必要なお持ちもの
夏/太陽 ☆飲み物多めに(喉渇きます。ペットボトル2,3本/1000〜1500cc程度)
☆短パン(ナイロン地のひざくらいまでの短パン。トランクスタイプの水着)
☆シュノーケルセット(夏季のシュノーケリングは最高です。マスク、シュノーケルは貸出し可ですが、持っていれば慣れた自分のものの方がベター。フィンはご持参ください。)
☆マリンシューズの代わりにかかとを固定できるスポーツサンダルでもOK(スポッと脱げてしまうビーチサンダルは×)
晩秋・冬に必要なお持ちもの
晩秋・冬/葉 ☆アノラック、レインウェア(防風防水のための上着)
☆長ズボン (濡れてもよいナイロン地の長ズボン。ジーンズは絶対に×)
☆フリース(レインウェアやアノラックの下に着るインナー。上手く着込めば寒さはもうほとんど気にならなくなる。)
☆グローブ(なくてもいいですが、手がかじかむのを防止するためにネオプレーンやクロロプレーンの手袋があればなおベターです)。

TEL0737-63-3221  TEL090-9168-0363(外出時ホットライン) メールsunnyrain@nifty.com